忍者ブログ
1928年の日本ハナゲ學会第3分科會において瓢箪屋蓑吉氏が発表した「傳説の白ハナゲと黑ハナゲの脱色化の判別に關する文化論的一考察 ―ルウブル美術館をくまなく回ろうとして挫折したフレデリツク勅使河原氏の手記を中心に―」を再読したり、検証したりするBLOGではないことは確かなことです。ええ!確かなことですとも!
[549]  [548]  [547]  [546]  [545]  [544]  [543]  [542]  [541]  [540]  [539
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


CD1:
◈Hugo Wolf: Der Genesene an die Hoffnung
Stefan Genz (Br)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Der Knabe und das Immlein
◈Hugo Wolf: Ein Stündlein wohl vor Tag
Joan Rodgers (S)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Jägerlied
◈Hugo Wolf: Der Tambour
Stephan Genz (Br)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Er ists
◈Hugo Wolf: Das verlassene Mägdlein
◈Hugo Wolf: Begegnung
◈Hugo Wolf: Nimmersatte Liebe
Joan Rodgers (S)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Fußreise
◈Hugo Wolf: An eine Äolsharfe
Stephan Genz (Br)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Verborgenheit
◈Hugo Wolf: Im Frühling
◈Hugo Wolf: Agnes
Joan Rodgers (S)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Auf einer Wanderung
Stephan Genz (Br)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Elfenlied
Joan Rodgers (S)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Der Gärtner
Stephan Genz (Br)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Zitronenfalter im April
◈Hugo Wolf: Um Mitternacht
Joan Rodgers (S)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Auf eine Christblume I
◈Hugo Wolf: Auf eine Christblume II
Stephan Genz (Br)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Seufzer
◈Hugo Wolf: Auf ein altes Bild
Joan Rodgers (S)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: In der Frühe
◈Hugo Wolf: Schlafendes Jesuskind
Stephan Genz (Br)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Karwoche
Joan Rodgers (S)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)

CD2:
◈Hugo Wolf: Zum neuen Jahr
◈Hugo Wolf: Gebet
◈Hugo Wolf: An den Schlaf
Joan Rodgers (S)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Neue Liebe
◈Hugo Wolf: Wo find ich Trost?
◈Hugo Wolf: An die Geliebte
◈Hugo Wolf: Peregrina I
◈Hugo Wolf: Peregrina II
Stephan Genz (Br)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Frage und Antwort
◈Hugo Wolf: Lebe wohl
Joan Rodgers (S)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Heimweh
Stephan Genz (Br)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Lied vom Winde
◈Hugo Wolf: Denk es, o Seele!
Joan Rodgers (S)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Der Jäger
Stephan Genz (Br)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Rat einer Alten
◈Hugo Wolf: Erstes Liebeslied eines Mädchens
Joan Rodgers (S)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Lied eines Verliebten
◈Hugo Wolf: Der Feuerreiter
Stephan Genz (Br)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Nixe Binsefuß
◈Hugo Wolf: Gesang Weylas
Joan Rodgers (S)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)
◈Hugo Wolf: Die Geister am Mummelsee
◈Hugo Wolf: Storchenbotschaft
◈Hugo Wolf: Zur Warnung
◈Hugo Wolf: Auftrag
◈Hugo Wolf: Bei einer Trauung
◈Hugo Wolf: Selbstgeständnis
◈Hugo Wolf: Abschied
Stephan Genz (Br)
Roger Vignoles (Pf)
(Rec. September 1999 & October 2000, Clara-Wieck-Auditorium, Heidelberg-Sandhausen)



フーゴー・ヴォルフ(Hugo Wolf, 1860-1903)は、オーストリアの作曲家です。音楽愛好家の父から音楽を学び、ウィーン音楽院に進学するも、悪戯で院長宛てに脅迫状を送って退学処分になっています。その後は独学でピアノを習得し、ピアノ教師として生計を立てながら作曲活動と評論活動に励みました。当時は、ヨハネス・ブラームスの音楽と、リヒャルト・ヴァーグナーの音楽の人気が二分していましたが、評論家としてのヴォルフは、ヴァーグナーの擁護者として活動していました。ブラームスに対しては、一度作った曲を評価してもらったことがありますが、その時に対位法の勉強をするように諭されたことを逆恨みし、ヴァーグナー擁護の裏返しとして、ブラームスを散々にこきおろすような評論活動を展開しました。
作曲家としてのヴォルフは、特に歌曲の制作に熱心に取り組み、数多くの歌曲を作っています。本CDに収録されている歌曲集は、ドイツの詩人であるエドゥアルト・メーリケ(Eduard Mörike, 1804-1875)の詩を元につくった、1888年作の連作歌曲集です。
この歌曲集の内訳は以下の通りです。
1 希望の復活 Der Genesenen an die Hoffnung
2 少年と蜜蜂 Der Knabe und das Immelein
3 夜明け前の心地よいひととき Ein Stündlein wohl vor Tag
4 狩人の歌 Jägerlied
5 鼓手 Der Tambour
6 彼は来た Er ist's
7 捨てられた娘 Das verlassene Mägdlein
8 出会い Begegnung
9 尽きることのない愛 Nimmersatte Liebe
10 散歩 Fußreise
11 エオリアン・ハープに寄す An eine Äolsharfe
12 隠遁 Verbogenheit
13 明け方に In der Frühe
14 アグネス Agnes
15 旅路にて Auf einer Wanderung
16 妖精の歌 Elfenlied
17 庭師 Der Gärtner
18 四月の山黄蝶 Zitronenfalter im April
19 真夜中に Um Mitternacht
20 クリスマス・ツリーに I Auf eine Christblume I
21 クリスマス・ツリーに II Auf eine Christblume II
22 嘆息 Seufzer
23 一枚の古い絵に Auf ein altes Bild
24 春に Im Frühling
25 眠るみどり子イエス Schlafendes Jesuskind
26 聖受難週間 Karwoche
27 新年に Zum neuen Jahr 
28 祈り Gebet
29 眠りに寄せて An den Schlaf
30 新しい愛 Neue Liebe
31 我が慰めはいずこ Wo find' ich Trost?
32 恋人に An die Geliebte
33 ペレグリーナ I Peregrina I
34 ペレグリーナ II Peregrina II
35 問いと答え Frage und Antwort
36 さよなら Lebewohl
37 郷愁 Heimweh
38 風の歌 Lied von Winde
39 それを思え、おお魂よ! Dank'es, o Seele!
40 狩人 Der Jäger
41 老婆の助言 Rat einer Alten
42 少女の初恋の歌 Erstes Liebeslied eines Mädchens
43 恋する男の歌 Lied eines Verliebten
44 炎の騎士 Der Feuerreiter
45 葦の根の精 Nixe Binsefuß
46 ヴァイラの歌 Gesang Weylas
47 魔の湖の精霊たち Die Geister am Mummelsee
48 コウノトリの使い Strochenbotschaft
49 戒めに Zur Warnung
50 ことづて Auftrag
51 ある結婚式で Bei einer Trauung
52 身の上話 Selbstgeständniss
53 お別れ Abschied
演奏は、イギリス人ソプラノ歌手のジョーン・ロジャーズ(Joan Rodgers, 1960-)と、ドイツ人バリトン歌手のシュテファン・ゲンツ(Stephan Genz, 1973-)が分担して歌っています。ピアノ伴奏は、イギリス人ピアニストのロジャー・ヴィニョールズ( Roger Vignoles, 1945-)が担当しています。ロジャーズは、イギリスのコヴェント・ガーデン歌劇場を拠点にオペラ歌手として活躍しており、1997年にはイギリス王室からCBEの称号を受けています。ゲンツは、白井光子やディートリヒ・フィッシャー=ディースカウらの薫陶を受けた人で、1994年のハンブルクで開かれたブラームス国際コンクールやシュトゥットガルトのヴォルフ国際コンクールなどの声楽コンクールで上位入賞を果たしています。ヴィニョールズは、マーク・ハンブルクに師事した人ですが、特に伴奏ピアニストとして活躍しており、歌曲の伴奏に一家言を持つベテランとして、ドイツ・リートだけでなく、フランス歌曲やキャバレー・ソングの伴奏までこなす才人として知られています。

ロジャーズは、オペラ歌手として培った技量で、瑞々しい歌声で生き生きとした歌唱を披露しています。〈彼は来た〉のような明朗闊達な歌曲では、茶目っ気たっぷりの歌唱で聴き手を惹きこみます。しかし、〈夜明け前の心地よいひととき〉のようなマッタリした歌曲では、まだマッタリ感を持て余しているのか、しっとりとした味わいを醸し出すまでには至っていません。
ゲンツの歌唱は、師匠のフィッシャー=ディースカウほどの芸達者ではありませんが、エリザベート・シュヴァルツコップの指導も受けただけあって、どの曲も雑に歌い飛ばすことなく、しっかりとした説得力を持っています。〈クリスマス・ツリーに〉の2曲など、クリスマスを飾る花々をめぐる神秘を渋く歌いあげており、師に追随せんとする意気込みを感じます。
ヴォルフの歌曲は、ピアノ・パートにも歌手と同様の雄弁さが求められますが、ヴィニョールズの伴奏には、歌曲の専門家としての確固たる自信を感じます。歌手の呼吸にぴったり張り付くだけでなく、巧みに歌手たちを詩の世界に誘い、対話を仕掛け、曲のそれぞれが音で綴られた絵本であるかのような見事なピアノを聴かせてくれます。

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clock
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
(´π`)
性別:
男性
自己紹介:
・・・。
Usagoya
最新CM
[06/29 (^▽^)]
[06/16 ある晩のヴぇる君。]
[06/07 はじめまして]
[05/30 ある晩のヴぇる君。]
[05/29 ある晩のヴぇる君。]
Ranking
ページランク

バーコード
アクセスランキング
試用品
Flag Counter
ブログラム
地球儀もどき
ぽちぽちクリック


一筆なんとか
名刺印刷の名刺駅が送る筆
忍者ビジター
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]