忍者ブログ
1928年の日本ハナゲ學会第3分科會において瓢箪屋蓑吉氏が発表した「傳説の白ハナゲと黑ハナゲの脱色化の判別に關する文化論的一考察 ―ルウブル美術館をくまなく回ろうとして挫折したフレデリツク勅使河原氏の手記を中心に―」を再読したり、検証したりするBLOGではないことは確かなことです。ええ!確かなことですとも!
[47]  [46]  [45]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Camille Saint-Saëns: Violin Concerto No.3 in B minor, op.61
Camille Saint-Saëns: Havanaise, op.83
Camille Saint-Saëns: Introduction and Rondo Capricioso, op.28
ダイアナ 湯川 (Vn)
Royal Philharmonic Orchestra / Grant Llewellyn
(Rec. 20-22 April 2001, Air Studio, London)





本CDは、シャルル・カミーユ・サン=サーンス(Charles Camille Saint-Saëns, 1835-1921)のヴァイオリン協奏曲第3番(1879-1880年作)、《ハバネラ》(1887年作)、《序奏とロンド・カプリチオーソ》(1863-1867年作)の3曲を収録したアルバム。
サン=サーンスは、パリ生まれの作曲家。その名声は、アルジェで亡くなったときに遺体がフランスに運ばれ、音楽家として前例のない国葬が執り行われたほどです。生前は、国民音楽協会を作ったり、ジャン=フィリップ・ラモーの作品全集を刊行したりと、フランスの文化を音楽の方面で刺激しました。音楽のみならず、哲学書を書いたり、詩集を発表したり、天文学に精通したりと、オールマイティな教養人ぶりを発揮したサン=サーンスでしたが、他人に対してはおおむね辛辣でした。ただし、教養人としての自分の判断基準で一流と認め、尊敬に値する人とは親交を結び、彼らのために作品を書く労を厭いませんでした。

ここに収録された3曲も、そうした友情の証として作られた作品です。ヴァイオリン協奏曲第3番は、3曲あるサン=サーンスのヴァイオリン協奏曲のトリを飾る作品で、パブロ・デ・サラサーテに捧げられています。サラサーテは後述する《序奏とロンド・カプリチオーソ》でも作品を献呈されています。作品は完成した年の10月15日にハンブルクに於いて、アドルフ・ゲオルク・ベーアの指揮する地元の楽友協会のオーケストラをバックにサラサーテのヴァイオリンで初演されたとのこと。本CDの解説では、1881年1月2日にパリのシャトレ座で初演されたと書いてありますが、これはエドゥアール・コロンヌの指揮するオーケストラをバックにサラサーテの独奏で行われたフランス初演のことかと思います。
作品は三楽章構成で、各楽章のテンポの設定も急-緩-急と伝統的。第1楽章も、往年の協奏風ソナタ形式から管弦楽による提示部を省いた当世風。冒頭に出てくるモノローグ風のパッセージは、この主題が回帰するたびに出てきて音楽の雰囲気をガラッと変える役割を果たします。第2楽章は三部形式で、第3楽章は序奏付きのロンド形式をとります。ロ短調という調性も、ヴァイオリン協奏曲としては鳴りがいいと歓迎されるニ長調の平行調です。作品の仕上がりも、サラサーテが気に入るようにヴァイオリン独奏がよく映える技巧的なパッセージをちりばめながら、管弦楽法の名手でもあったサン=サーンスならではの多彩なオーケストレーションで独奏を飾り立てています。サン=サーンス自身は、特に第3楽章がお気に入りで、1912年にヴァイオリンとピアノ用にこの楽章を編曲し、「演奏会用アレグロ」として1912年のパリ音楽院の卒業試験曲として提供しています。
《ハバネラ》は、フランス語の表記をそのまま読めば「アヴァネーズ」となります。この曲が作られた頃にサン=サーンスが伴奏者として一緒に演奏旅行をしていたキューバ出身のラファエル・ディアズ・アルベルティーニが、この作品の献呈先になります。アルベルティーニはパリ音楽院でも教鞭をとっていましたが、音楽院のヴァイオリン科の主任教授はマルタン=ピエール・マルシックだったので、1894年1月7日にシャトレ座で行われた初演ではマルシックがコロンヌの指揮するオーケストラの伴奏で独奏を担当することになりました。「ハバネラ」は、「ハバナの踊り」を意味し、キューバ出身のアルベルティーニへのサン=サーンスなりの心配りが見えます。この「ハバネラ」のルーツについて、CDの解説書では「もともとイギリスのカントリーダンスがスペインを経由してキューバに伝えられ、そこで作り変えられたゆるやかな2拍子系の舞曲の一種」と書かれていますが、これは説明としてざっくりしすぎの感。イギリスのカントリー・ダンスをルーツにするという点では共通しますが、その変容の過程には諸説あります。その説の一つは、イギリスのそれがフランスで「コントルダンス」になり、隣国のスペインを通ってスペイン領キューバで変化し、ヨーロッパに逆輸入されたとするルートを辿ります。また別の説では、コントルダンスがフランス領サン・ドマングに渡るというルートです。このルートでは、1791年にサン・ドマングで奴隷が蜂起してハイチを建国し、その土地で農園主をやっていたフランス人や解放された奴隷の中で革命政府についていけなかった人たちなどが隣のキューバ島に逃げ、その地でコントルダンスをハバネラに変容させます。そのキューバを植民地にしていたスペインが、そのハバネラを本国に持ち帰り、それが世界中に伝播したと考えられます。
サン=サーンスの《ハバネラ》は、舞曲としてのハバネラを再現したしたものではなく、その舞曲のリズムを素材にした作品です。ヴァイオリン独奏で使われるモチーフは、8分音符による三連符と二連符の組み合わせを基調にしたフレーズ、16分音符による無窮動のフレーズ、4分音符以上の音価による緩やかなフレーズの三つです。8分音符のフレーズと緩やかなフレーズにはハバネラ由来のリズム伴奏が付きますが、そのリズムで一貫させると音楽の緊張感がなくなってしまうと考えたのか、ハバネラのリズムと類縁を持たない無窮動のフレーズを挟んだり、二重把弦を含んだ技巧の見せ場を作ったりして、多様な彩を加えています。作品が単調にならないようなサンーサーンスの仕掛けを具に見つけるだけでも楽しい作品といえるでしょう。
《序奏とロンド・カプリチオーソ》は、ヴァイオリン協奏曲第1番の終楽章にするつもりで作曲した作品です。ヴァイオリン協奏曲第1番は、スペインのヴァイオリンの天才少年として活動し始めたサラサーテの依頼を受けて1859年に着手したようですが、作品が世に出たのは1864年4月4日のシャトレ座での演奏会に於いて、サン=サーンスの指揮とサラサーテの独奏で初演されてからのことです。おそらく、鋭意作曲中の曲として出来上がっていたヴァイオリン協奏曲第1番と《序奏とロンド・カプリチオーソ》をサラサーテに見せたところ、それぞれを単品で発表するよう提案されたのでしょう。この協奏曲第1番と一緒に、同じ面子で初演されています。この曲は1875年にデュラン社から出版されましたが、作品が出版される前に、オーケストラのパートをジョルジュ・ビゼーが編曲しています。サン=サーンスは尊敬するビゼーが編曲してくれたということで、この編曲譜を自分の宝物にしました。形式面では、ヴァイオリン協奏曲第3番の終楽章を彷彿とさせるロンド形式をとりますが、ロンド主題の変容自体も、作品全体を華やかにする仕掛けとして働いています。

本CDでグラント・ルウェリン(Grant Llewellyn, 1960-)の指揮するロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(Royal Philharmonic Orchestra)を伴奏にヴァイオリンを弾いているダイアナ湯川(Diana Yukawa, 1985-)は、住友銀行の元重役で住銀総合リースの副社長を務めた湯川昭久とイギリス人バレエ・ダンサーのスザンヌ・ベイリーの間に次女として生まれたヴァイオリン奏者(以下「ダイアナ」)です。父親は1985年の日本航空123便墜落事故の犠牲者になり、その事故のおよそ一ヶ月後に生まれたのだとか。その父の遺志で音楽の道に進んだことがデビュー・アルバムの『天使のカンパネラ』に記されていますが、このCDのブックレットにもそのことが触れられています。このデビュー・アルバムをリリースする一年前には、来日して父親の遺体が見つかった地点で坂本九(彼も墜落事故の犠牲者)の持ち歌である《上を向いて歩こう》を弾き、それがニュースとして報道されたこともありました。
飛行機事故の遺児という出自は、彼女の録音デビューの強みになりましたが、この出自については、アルバムに記載されない遺恨があります。どうやらダイアナの母スザンヌは湯川副社長の本妻ではなく、湯川の親族として認定されるためにイギリスの高等法院に申し立てをしてDNA鑑定を受け、2000年に湯川の実子と認定されています。この認定をもとに2001年に日本航空に対して遺族補償の訴訟を起こし、日本航空は遺族認定をして賠償金の支払いに応じています。その後は、母スザンヌが娘たち(ダイアナには5歳上の姉キャシーがおり、ピアノ奏者として活動)の戸籍の父親の欄に「湯川昭久」の名前を記載すべく奔走しているとのことです。この録音が行われた時点では、DNA鑑定の結果から実子認定は下りていますが、賠償金の請求はまだしていませんでした。
なにはともあれ、ダイアナは5歳からヴァイオリンを始め、ロンドン王立音楽院のロドニー・フレンドに弟子入りして腕を磨き、ザルツブルクでルッジェーロ・リッチの指導も受けているとのこと。ブックレットのプロフィールには大和日英基金の奨学金を得たり、世界芸術文化振興協会の奨学生になったり、(おそらくBBCの)ミュージック・アワードを二年連続最優秀賞受賞したりといったことが書かれていますが、国際コンクールの入賞歴はありません。その入賞歴分を飛行機墜落事故の犠牲者の遺族というアピールで補っているというところでしょうか。
指揮を務めるルウェリンは南ウェールズのテンビー生まれの指揮者。ノーマン・デル・マーの門下で、タングルウッド音楽祭でレナード・バーンスタインらの指導も受けています。1990年にBBCウェールズ交響楽団の副指揮者となり、1995年にロイヤル・フランドル・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に転任して1998年まで務めています。解説書では世界各国のオーケストラに客演しているように書かれていますが、本録音が行われたころは、指揮者として地歩を固めてきたといったところだったのでしょう。

本録音の出来栄えは、ざっと聴いた感じでは、大きな弾き損じもなく、作品の音の並びを実音として確認する分には問題はありません。ただ、時折怪しくなる音程や、早いパッセージでの余裕のなさは、技巧的な華奢な印象を与えます。技巧的な華奢さは解釈面にも影響し、優等生的というか無難な演奏に終始している感があります。
協奏曲第3番の第1楽章出だしのモノローグは、お客を惹き付けるにはあっさりしすぎ、後に続く複雑なパッセージをうまくこなすことで余裕がないといった風。このモノローグが再登場するたびに、弾き方に癖をつけようとしますが、場当たり的で、楽章全体の演奏設計の詰めが甘いように感じられます。
第2楽章はメロディ・ラインを目いっぱい歌うことに集中するあまり、力の入った表現が一本調子で続くことになります。途中でオーボエがフレーズに膨らみを持たせてニュアンスをつけることを示唆してくれていますが、あまり参考にできていない様子。
第3楽章は、序奏部分こそ調子よく弾けるものの、主部は目の前の難所の処理に手一杯で、山場づくりはオーケストラ任せになります。全体の構成を自分なりに構築するに至っていない、生煮えの演奏といえるでしょう。
《ハバネラ》と《序奏とロンド・カプリチオーソ》の2曲も、竜頭蛇尾の出来。《ハバネラ》では、"lusinghiero"(魅惑的に)の指示の入った冒頭部が少々コケットリー不足とはいえ15歳の少女にそれを求めるのは酷。ただしハバネラのリズムを援用した粘り気のあるフレーズと技巧的なパッセージの対比がうまくいっておらず、技巧的なパッセージでニュアンスをつける余裕がなくなる点に、天才少女として売り出す上での限界を感じます。
《序奏とロンド・カプリチオーソ》も、年頃のヴァイオリン学習者としては上手く弾けている部類に入りますが、往年のマイケル・レビンのような聴かせ所のツボを心得た上手さからは距離を感じます。「カプリチオーソ」の気まぐれさに表現面で対応できていない幼さが残り、曲が進むにつれて音の扱いが荒くなります。
伴奏は、総じて手堅いもの。協奏曲の終楽章のロンド主題提示部で、管楽器が平べったく和音を鳴らしているのが一風変わっていますが、メリハリをつけてしっかりダイアナをサポートしています。独奏の演奏内容から、ダイアナがオーケストラと一緒にひくので精いっぱいと踏んでか、積極的に仕掛ける共演者というよりは、後見人のようなポジションに立っていますが、そのポジショニング的意識を問題にしない限りは、落ち度はないといえるでしょう。

全体的な印象としては、国際コンクール予選の録音審査のデモ・テープのレベルです。デビュー・アルバムは小品集だったので、かわいいお嬢さんが器用にヴァイオリンを弾いているといったところで微笑ましく受け取られたでしょうが、協奏曲の録音ともなると、楽曲全体を俯瞰したうえで自分のビジョンを演奏に投影する確かな構成力と、それを支えるテクニック、ひいてはオーケストラと互角に渡り合えるだけの強みを必要とします。このサン=サーンスでは、楽譜の実音化という点では及第点ですが、どのように表現したかったかが見えてきません。これはクラシック音楽の演奏家としては、結構深刻な問題です。
この録音によって、ダイアナは演奏家として岐路に立たされているといえるでしょう。進む道は、おそらく本人としてはこの業界から足を洗うことなど考えていないでしょうから、2つの道に絞られます。一つは、クラシック音楽のフィールドで武者修行をする研鑽の道。これは、いい先生のもとでトレーニングをしたり、いろんなアーティストと共演したりして表現上のヒントや刺激を貰って一皮むけるということです。もう一つの道は、ヴァイオリンを器用に弾けるという「特技」を生かしたクロスオーヴァーの道です。この道には、クライズラー&カンパニーとか、ヴァネッサ=メイといった先人がいます。このアルバム以降、ダイアナはめぼしい録音をリリースしていないようですが、果たしてどっちの道を選択しているでしょうか。3枚目のアルバムが出るころには、おそらくその答えが出ていると思いますが、個人的には前者の道には進まないのではないかと思っています。


PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clock
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
(´π`)
性別:
男性
自己紹介:
・・・。
Usagoya
最新CM
[06/29 (^▽^)]
[06/16 ある晩のヴぇる君。]
[06/07 はじめまして]
[05/30 ある晩のヴぇる君。]
[05/29 ある晩のヴぇる君。]
Ranking
ページランク

バーコード
鼻ではない花
アクセスランキング
ブログラム
地球儀もどき
SEO Stats
ぽちぽちクリック


一筆なんとか
名刺印刷の名刺駅が送る筆
忍者ビジター
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]